作業員

保証があるか

案内

やすければいい!!と思います。私も思います!!!でも安かろう悪かろう、安物買いの銭失いという言葉があるよに本当にそれでいいのか今一度確認して下さい。
安い材料を使用していればその分安くなるのは当然ですよね。見積を見て、◯◯一式☓☓万円となっている場合は必ずメーカー・品番を確認し、素材まできちんと把握して下さい。総額で比較してしまうと中身を確認していくと、別の業者さんにお願いていたほうが安く仕上がった…ということになりかねません。またアフターサービスも確認必須です。例えば保険といっても製品自体の不具合や故障を保証期間内に修理・交換します、というレベルから、住宅の塀が崩れて通行人が怪我をした!この場合の慰謝料を保証してくれる業者さん,。本当に千差万別です。「横浜で一番安心のアフターサービス・施工保証!」と謳われていても内容を確認しなければ本当に安心かはわかりません。
多少割高に思えても、有事の際に頼りになる保証を備えている業者さんを選ぶことも重要です。これは見積を貰って打ち合わせをする際にきちんとどこまで保証かを確認して下さい。範囲だけでなく期間も重要です。幅広く保証してくれるけど、最初の一年間だけでそれ以降はちょっとの保証だけでしたーというのはいざ!という時に意味がありませんよね。